株式投資はあきらめないことが重要

株式投資で勝つために重要なことはやはりあきらめないことだといえます。あきらめたらそこで終わりとなり永遠に勝利を体験することはできないでしょう。

 

日々の株式投資に意味を持たせているのならば、日々実力は高まっていくので、どんどん実力を高めていけばいつか勝てるようになるという気持ちを忘れないことが株式投資では重要です。また、退場を余儀なくされるような大きな負けをしないためのリスク管理術も重要で、リスク管理の徹底があきらめないことに繋がっていくということも覚えておきましょう。

 

勝てている投資家達に話を聞くと、今は常勝が当たり前という人でも以前には負け時代があったというような人も多いのです。株式相場で活躍するプロや上級者でさえ負け続けた時代があるのですから、始めたばかりの人に負けがあるのは当たり前なのです。

 

そこであきらめるか、続けるかが投資家としての資質を問われる部分です。

まずは無料のサイトもので株のお勉強

株式投資ってハードルが高いように感じてしまいますが、それは金融商品についての知識がなかったりするためかもしれません。今は、国の政策もあって株式投資の始め時です。知識を補うためには株の勉強をする必要がありますが、最初は無料のものを使うので十分です。

 

ネット証券や企業では無料のセミナーもやっていますし、今やオンラインで試聴できるものもあります。本を読むよりも分かりやすく教えてもらえるし、一人では分からなかったことも質問すれば答えてもらえるので定期的に通うのも一つの手です。例えば会社四季報の基本的な読み方などを教えてもらえるので、自分で業績チェックができるようになるなど実践的な知識が身に付きます。

 

また株価のチェックなどにもアプリやネット上の情報を利用することもできます。あまり構えすぎず、いろんなツールに頼りながら勉強することで、多角的な物の見方も身に付きます。

ボーナスでたら、1銘柄買います。

あまり投資とかに時間をかけられないですし、勉強も出来ないというか勉強する時間があまりないないのですが、株式投資にはそれなりに興味があるので、10年くらい前から、身近な銘柄で単位株が1株から100株くらいで手頃に買える銘柄をボーナスが出たタイミングで、少しずつすが買って長期保有をしてます。

 

かなり適当な買い方ですが、総じていうとちょっとプラスということになっているので、運が良いのか私に合っている投資方法なのかはわかりませんが、いい感じに推移出来てます。

 

まあ、理屈でいっても長期保有で、分散投資が出来ているということになるのかと思いますので、理屈で言っても合っているということになるのですが、個人的には、余剰資金でかなり適当にやっているというのが成功の秘訣なんではないのかと思ってます。ちゃんと勉強してやったら失敗しそうな気がするから不思議なものです。

 

あと絶対に株で勝たなくちゃならない、失敗したくない!と強く願う人は結果的には負けると思うんですよね。スローにゆっくり投資することが自分にも向いていると思いますし。最近ではもっと長期的な資産運用を目指して純金積立でも仕様なんか考えています。楽天証券で簡単に毎月積み立てられるのでこちらももう少し情報を取得してから始めようと思います。参考:コツコツと純金積立・金投資ができる証券会社比較


このページの先頭へ戻る